ゲーム

【レビュー】"アサシンクリード ヴァルハラ"のレビューが大荒れしているのは流血表現の規制のせい?アサクリとしての出来は良いのか、評価をまとめました

こんにちは、ゲーム大好きフカヒレです。

今回は大人気シリーズアサシンクリードの最新作「アサシンクリード ヴァルハラ」についてのレビュー・評価記事となっています。

UBIソフトを代表するシリーズのひとつであるアサシンクリードシリーズですが"ヴァルハラ"のAmazonレビューを見てみると非常に評価が低くなっています。(2021年1月現在、星2.5から3の間くらいです)

何故こんなにレビューが荒れているのか?本当に出来が悪くなってしまったのか?

実際にプレイした感想と様々なレビューをまとめてみます。

問題は流血表現の規制にあり

不具合

Amazonレビューが低い原因の一つは"流血表現の規制"にあります。

12月15日に流血表現を解除するパッチが配信されましたが、そういった表現を期待しているユーザーの満足は得られなかったようです。

日本語版と北米版の違い

  • 切断面の凹凸をなくし、滑らかに調整
  • 一部シーンでの内臓表現をマイルドに調整
  • 女性の衣類に調整

アサシンクリードとしての評価は?ゲームとしては面白い?

流血表現に関するレビューが多く、全体の評価が下がってしまったアサシンクリードヴァルハラですが、ゲームとしての仕上がり、評価はどうでしょうか?実際にプレイ、プレイした人のレビューをまとめました。

個人的にプレイした感想は、良くも悪くも"アサシンクリード"だな、という印象です。

過去作である"オデッセイ"オリジンズ"が好きであれば十分満足できるゲームであると感じましたし、アサシンらしさがない。というのも「いまさら言われても」という感じです。

良評価レビューまとめ

  • 斧を投げたり、左右の武器で戦うスタイルは爽快感があり楽しい。
  • アクションに重量感があり、迫力がある。
  • 仲間と共に敵拠点に突入する高揚感が素晴らしい。

アサシンクリードヴァルハラの評価まとめ

まとめると、血がめちゃくちゃ出てPCゲームや海外ゲームのような表現を期待している人でなければ、出来の良いアサシンクリードである。といえます。

個人的にも、PS4のゲームにそこまでグロ表現を求めるのはどうなのか?という思いもあります。

迷っている人は流血表現さえ気にしなければ買いですね!


-ゲーム
-

Copyright© フカひれブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.