エンタメ

「アンナチュラル」という、見た後の気分がめちゃくちゃ悪くなるのに「何故か見てしまう」ドラマ

アンナチュラル

こんにちは、フカヒレです。

石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」を最近見ました!Amazonプライムビデオで配信していたので、暇つぶしに見てみるかー。という軽い気持ちだったのですが…

なにこのドラマ?

後味悪すぎない?というか「救われない」結末の話が多いんですけど!

フカヒレ君
そして最後に流れる「Lemon」

この記事ではそんな「アンナチュラル」の魅力を紹介します!

「アンナチュラル」をざっくり解説

ドラマ「アンナチュラル」は架空の研究期間UDIラボという機関で働く「法医解剖医・三澄ミコト」を中心とする個性的なメンバーたちが、不自然な死を迎えた遺体を解剖し、死因の究明をするというドラマです。

死因を究明しながらも、警察のお株を奪うかの如く独自に捜査を行い、犯人と相対し事件解決に導くという「科捜研の女」系のストーリー展開で人気を博し、エンディングで流れる米津玄師の「Lemon」は大ヒットしました。

僕が「アンナチュラル」にハマった理由

後味が悪い、救われない、と見た後に感じる話が多い「アンナチュラル」ですが、結果的に僕は全話一気に見てしまいました。

めちゃくちゃ面白かったです。

あれ?後味悪いんじゃなかったの?とお思いでしょうが、これには理由があるんです。

「アンナチュラル」は悪意がリアル

多くのドラマに登場する「犯人・加害者」(以下は犯人に統一)という存在は、辛い過去だったり犯罪を起こしてしまう「理由」を持っていたりする「ちょっと同情してしまう犯人」です。

しかし「アンナチュラル」に登場する「犯人」達の多くは、罪を犯す理由が「自分の都合」や「無自覚」だったりします。

要するに「身勝手な犯行」なんです。

本当に、かけらも同情する余地のないような奴らがたくさん出てくるので、胸糞悪くなるような展開が多々あります。でも、それが逆にリアルなんです。

実際に現実世界でもありそうな理由なので、普通のドラマよりも桁違いに感情移入してしまいます。

「Lemon」の威力がヤバイ

そんな胸糞悪い事件を解決した後に流れるエンディングテーマ「Lemon」

これがまた心に染みるんです。そりゃ売れるわ。

ドラマにぴったりとハマる感じは、さすが米津玄師!

「アンナチュラル」を見るなら?

アンナチュラルを見る事ができるサービスはU-NEXTが一番お勧めです。無料体験時のポイントで視聴ができるので、とりあえず1話だけ見てみることをオススメします。


-エンタメ
-,

Copyright© フカひれブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.