株の話

【IPOセカンダリ】WACUL(4173)の新規上場セカンダリーに参加しました!まさかの上場ゴールか?

2021年2月19日に上場して初日値つかずだったWACUL(4173)が22日、公開価格1050円の約4倍になる4645円で初値をつけました。

ちなみにWACULの読み方は「ワカル」と言うそうです。僕はこの記事を書くまで「ワコール」と心の中で読んでいました。

ホノカさん
「ワコール」は既にありますからね…

この記事はIPOセカンダリーに参加した際の備忘録的な記事となります。駄文ですが誰かの参考になれば幸いです。

WACUL(4173)のIPO基本情報

  • 主幹事 みずほ証券
  • マザーズ
  • 上場日 2月19日(金)
  • 初値日 2月22日(月) 2日目
  • 大手サイトの評価 Aランク
  • 公募価格 1050円
  • 始値4645 高値4780 安値4020 当日22日終値4495
  • 当日出来高1,800,200

業績も良く、技術的な革新を求める企業ということで非常に人気の高いIPOでした。しかも単独上場だったので、上場初日は当然のように値付かずでした。

初値形成後の値動き、セカンダリー参加タイミング

株

WACUL(4173)は4645円で初値を付けた後、高値となる4780円まで上昇しました。ですが、その後は4020円から4200円程度で揉み合う展開が続きます。

出来高も極端に多くはなく、やや落ち着いた動きでした。その後、大きな動きがあったのは後場の引け20分前くらいからで、急激に4400円台まで上昇後当日の取引を終えました。

今回セカンダリーの参加タイミングとしては『後場の引指注文』を狙っていきました。

4500円で後場の引指注文をした結果、無事に約定することができたので一安心。作戦としてはPTSで売るつもりでした。

PTS注文のトラブル発生

トラブル

トラブル発生です。なんとPTSの注文が障害によって受付不可となっていました。

なかなか珍しいことが起きてしまいましたが、PTS市場の開始予定時刻から遅れること約1時間程度、無事にPTSの取引が開始されました。

開始直後に4594円まで上がりましたが、そもそもPTSが開始したことに気づかず注文を出すのが遅れてしましました。

しばらく4550円前後で値動きしていたので4555円で売却。まあまあ上手に立ち回れたのではないかと思います。お小遣い程度ですが、IPOセカンダリーの経験を積んでいる状態なので、プラスになっただけ良しとします。

次のIPO新規上場はアピリッツ(4174)です。こちらも評価が高いので楽しみですね。

-株の話
-,

Copyright© フカひれブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.