季節商品 家電

「オイルヒーターを買ったけど暖まらない」返品希望者数が多い理由

こんにちは、フカヒレです

冬の時期には「エアコン」「ストーブ」「ファンヒーター」といった家電商品が欠かせないですよね

今回は「ヒーター・ストーブ」カテゴリの中でも最近メディアに取り上げられることが多くなり、大注目の家電

「オイルヒーター」を紹介していこうと思います

オイルヒーターのメリットを
文章にすると「エグい」くらい多くて強力

テレビや雑誌等、特に赤ちゃんが生まれる家族向けの雑誌には必ずと言っていい程「オススメ家電」として紹介されています

なぜこんなにもオイルヒーターがオススメされるのか?

まずはオイルヒーターのメリットをいくつか挙げていきましょう

  • さわってもやけどしにくい
  • 肌や喉の乾燥もしにくい
  • 空気を汚さない
  • 音がほとんどしない
  • 燃料、フィルター交換などの手間がかからない
  • 部屋全体を均一に暖める

無敵かな??

と思うほどのメリットの多さです。

僕は家電の販売員ですが「オイルヒーターをとりあえず売れ!」と上司に言われれば、簡単に売ることが可能です

購入意欲を高めてもらうための「キラートーク」を考えるのに、こんな楽な家電は他にありません

テレビや雑誌で紹介しやすいのも納得できますね

メディアが紹介しない
オイルヒーターのデメリットとは?

暖房器具の完成形のようなオイルヒーターですが、上記のメリットを帳消しにするどころかマイナスに持っていくぐらいのデメリットが存在します。それは…

「環境によっては全く暖まらない」

ということです。電気代が高いというのもありますが、それは後ほど。

オイルヒーターというのは内部のオイルを温めて、本体の輻射熱で部屋を暖める暖房器具になります

その為「オイルを暖める時間」+「部屋を暖める時間」が必要です

量販店やネットなどで購入することが可能なモデルで暖められる最大の適応畳数は12畳ほどですが、実際に暖まるまでにかかる時間はどのくらいか?

「約40分から1時間程度」

"オイルヒーターを使用するのに適した部屋"の環境であれば上記の時間で暖めることが出来ます

問題は"オイルヒーターを使用するのに適した部屋"ではない場合です

最悪の場合、1500Wという家電製品の中でも最大級の電気量を使いながらも、全く部屋が暖まらないということもあります

1500Wで1時間使用すると電気代は40円前後かかってしまいますので、完全にお金の無駄です

オイルヒーターを使用するのに適した部屋とは?

条件さえ満たせば最高の暖房器具になるオイルヒーターですが、どのような環境であれば適しているといえるのかというと

  • 高気密、高断熱のマンションタイプ
  • 性能の高い断熱材を使用した一戸建て(10畳程迄)

この2点のどちらかを満たしてることが絶対条件

よく「リビングに置きたい」という人がいますが正直無謀で、せいぜい10畳程度の部屋が限界と思ってもらった方がいいです

そのくらい"オイルヒーターの暖める力"というのは弱いのです

まとめ

冬の家電量販店では、説明不足によるオイルヒーターの返品希望のお客さんが毎年訪れます

大手通販サイトのレビューやクチコミを見てみると「暖まらない」、「電気代が高い」などという書き込みが非常に多いです

オイルヒーターはメリットも多く、デザインも特徴的なので魅力的な暖房器具に見えてしまいます

しかし、買ってから後悔しないためには使用環境を調べてから購入することを強くお勧めします



 

-季節商品, 家電

Copyright© フカひれブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.