家電 液晶テレビ

[BRAVIA]新型液晶テレビ「X9500Hシリーズ」と「旧型X9500Gシリーズ」の違いを紹介

SONYのBRAVIA人気シリーズ「X9500Hシリーズ」が5月下旬に発売します。

この記事では旧モデルの「X9500Gシリーズ」と新型モデル「X9500Hシリーズ」の違いをまとめました。

49v型は対象外

以下で紹介する機能は49V型モデル「49X9500H」には対応していませんのでご注意ください

X9500HとX9500Gの違い

 

  • 音質アップ1トゥイーター用独立アンプ(バイアンプ)
  • 音質アップ2X-Balanced Speaker
  • スタンド位置の変更が可能2ポジションスタンド

音質アップ1
トゥイーター用独立アンプ(バイアンプ)とは?

カテゴリ3

スピーカーのトゥイーターとフルレンジスピーカーにそれぞれ別のアンプを接続

微細な音の調整が可能で、音圧と定位感が向上しました

旧モデル「X9500Gシリーズ」はトゥイーターとフルレンジスピーカーを1つのアンプに接続していました

出力も20Wから30Wにアップ

SONY公式より出典

音質アップ2
X-Balanced Speaker

振動版の形状を改良し、ゆがみの少ないクリアな音を実現。更にスピーカーボックスの容積が拡大し、低音も強化されている。

x-balanxed speaker

SONY公式より出典

従来のフルレンジスピーカーは左右対称の楕円型の形状でしたが、X9500Hに搭載された「X-Balanced Speaker」は振動版を非対称形状にすることで、音のクリアさをアップさせることに成功しました

更に、スピーカーボックスの容積をX9500Gシリーズよりも+140~150%拡大することで、低音を強化しています

スタンド位置の変更が可能
2ポジションスタンド

設置スペースに合わせてスタンドの位置を変更

75V型でも約105.7cmのスペースがあれば設置可能に!

スタンド外側時
  • 75v型・約167.5cm
  • 65v型・約144.9cm
  • 55v型・約123.0cm
スタンド内側時
  • 75v型・約105.7cm
  • 65v型・約88.2cm
  • 55v型・約80.7cm

 

49X9500Hに対応していない機能

制裁

  • X-Wide Angle(視野角を広くする)
  • Acoustic Multi-Audio(音質アップ)
  • トゥイーター用独立駆動アンプ(出力・バランス強化)
  • ハンズフリー音声検索

X9500Hシリーズを購入する際には気を付けてくださいね

 

 

-家電, 液晶テレビ
-,

Copyright© フカひれブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.