家電 液晶テレビ

[HZ2000]新型パナソニック有機EL「HZ2000シリーズ」はGZ2000シリーズからどう進化したか?違いはナニ?

パナソニックの新型有機ELテレビ「HZ2000シリーズ」がラスベガスで行われている家電の見本市「CES2020」に合わせる形で発表されました。

欧州向けモデルとされていますが、現行機種である「GZ2000シリーズ」の後継機種とみて間違いないでしょう。

HZ2000シリーズの基本情報と
GZ2000シリーズとの違い

ラインナップと型番

画面サイズは55型と65型の2サイズ

TH-55HZ2000 価格未定

TH-65HZ2000 価格未定

Master HDR OLED Professional Edition搭載

最新の有機ELテレビをチューニングして完成したのが「Master HDR OLED Professional Edition」です。

チューニングにはハリウッドのスタジオで映像を扱うクリエーターたちが参加しています。

従来のパネルと比較すると20%増しのピーク輝度を実現している為、有機ELテレビの「液晶と比較すると暗い」という弱点を克服しました。

Filmmaker Mode フィルムメーカーモード

更にパナソニック・LGエレクトロニクス・VIZIOと開発した映像モード「Filmmaker Mode」フィルムメーカーモードに対応し、ユーザー側が画面の明るさや色合いを変更することが可能です。従来の画質調整よりもより「自分好みの映像」にすることができるようになっています。

HZ2000とGZ2000違いのまとめ

  • Master HDR OLED Professional Edition搭載
  • Filmmaker Mode フィルムメーカーモード搭載

映像エンジンはGZ2000シリーズと同じ「HCX PRO Intelligent Processor」を使用しています。

 

-家電, 液晶テレビ
-

Copyright© フカひれブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.