家電

【家電評価】バルミューダのクリーナー『C01A』が安いけど買いなのか?

掃除機

こんにちは、フカヒレです。

先日、某家電量販店のクリーナー売り場で気になるアイテムを発見しました。


バルミューダの掃除機『C01A』です。

2020年の11月に発売したモデルで、すでに後継機種が発売されている所謂『型落ち品』というアイテムです。

この『C01A』というクリーナー。僕が気になったのはズバリ価格で、元々はバルミューダ特有の強気な価格で販売されていました。

チラリと値下げ前のプライスを覗くと、当初は5万円台で販売されていたようです。バルミューダならではのおしゃれなデザインをしているので、それなりに売れていたのではないかと思います。

価格比較サイトの価格推移を見てみると、新型発売のギリギリまで、つまりは4月までは5万円前後で販売されていましたが、現在(2022年11月)の価格はというと僕が覗いた家電量販店では2万円前後で販売されていました。

ちなみにネット最安値も同様の価格でした。

つまり半額以下にまで下がったということですね。性能云々は置いておくとして、かなりお得になっているのではないでしょうか?

旧型『C01A』と新型『C02A』の違い

個人的にバルミューダの家電のイメージは、モデルチェンジをしてもあまり大幅に性能が変わらないイメージ。

ですが旧型『C01A』と新型『C02A』はというと、どうでしょうか?

早速スペックやレビューなどを見てまとめていきましょう。

『C01A』と『C02A』の比較まとめ

  • 重量が約3.1kg→2.2kgへ、軽量化される。
  • 容量が0.13L→0.1Lにダウン。
  • バッテリー関係は変化なし。4時間で満充電、標準30分、強モード10分。

シンプルに、軽量化されて取り回しがしやすくなった印象です。そのため約3.1kgという重量が気にならなければ『C01A』というモデルは買いだと思いました。

生産終了の型落ち品ということで、在庫には限りがあると思います。クリーナーの買い替えを検討中でスティッククリーナーをお探しの方は『C01A』をチェックしてみてはいかがでしょうか?


-家電
-, ,

Copyright© フカひれブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.