さぁ!証券会社に行ってみよう! その③

電話をする 株の話
スポンサーリンク

フカヒレです!

前回の記事から数日後の出来事です
証券会社に行ったはいいけれど、担当もつかずにノコノコと帰ってきました。
帰ってからはグーグル検索で

(証券会社 担当 つく方法)

とか調べてました!でも全く出てきませんでした!

そんなわけで僕のような状況になった人が、少しでも前に進めるようにこの記事を書きます

スポンサーリンク

攻略方法

なぜ担当がつかなかったのか考えてみる

  1. 口座を作る際に最初に入金する額が少ない
  2. カスタマーセンターを利用し、ある程度の期間後に担当がつく
  3. 年齢的問題(当時20代)
  4. 外見的問題(服装、アクセサリーなど)
  5. コミュニケーション不足

正直年齢はどうしようもない!

これを踏まえて僕がとった対策は
追加で現金を用意(ある程度束に見えるように)

友人からお値段高めの腕時計を借りて装備(グランドセイコー)


会話を少しでも長くし、コミュニケーションを図る



担当をつけてもらうだけに何をやっているのか!?と思いますが当時は必死でした

再度! N証券へ突撃!

貰ったN証券カスタマーセンターカードに記載されている電話番号へ連絡してアポ取り!

完全武装状態で支店へ!

「株取引について相談なんですが…」

僕もできる限りの笑顔を張り付けながら前回案内をしてくれたお姉さんへ伝えると、再び仕切られたカウンターへ

しかし!やはり相談案件を持ってきても対面に座るのは受付のお姉さん!

(この展開は…)


前回と…同じ!!!

何も成長していない!

そこから先は必死である
もうストレートに聞いたわ
「担当つけてください!」って!

でもやっぱり結果は…


「カスタマーセンターでよろしくお願いします」

完敗である。僕はノロノロと入り口付近にあるATMで入金処理を行った…
惨めな気分でしたが、どうしようもなかったです

いっそのこと常連のおじさんたちに、担当営業さんを紹介してもらおうと思ったくらいです

すでに担当が付いている知人などがいれば紹介してもらうのも一つの方法ではないでしょうか。

カスタマーセンターへとりあえず電話相談

ここまでくると、ある程度の期間カスタマーセンターを利用するのが1番の近道のように思えてきました。

それからというもの僕は毎日のように電話をしました。

1回ごとに内容を変えて相談を繰り返すうちに2週間が経過…

ついに転機が訪れる!

いつものように電話をかけ、お姉さま達に相談をしようとしたところ

「ハイ!営業担当 高杉(仮名)がお伺いします!」


「え!?」

カスタマーに電話をかけ続け、初の男性です。
しかも営業担当と名乗っていらっしゃる!

大チャンスとばかりに僕は投資の相談を電話で伝えました。

すると!

「あの…フカヒレさん。電話じゃ何なので今度都合のいい日に自宅までお伺いしましょうか?」

「…いいんすか??」

「ええ!喜んでお伺いします!」

その後、担当についてくれる人を探していたと伝えると大喜びでOKを頂きました!

あれ?受付のお姉さんとの温度差はなんなのか?

トントン拍子で話は進み、来てくれる日程を決めました。


成功

大成功です!



後々高杉さんから話を聞いたところ、新人の営業担当がカスタマー宛の電話に出ることがあるそうです。

まぁ、僕の電話が面倒だったので変わってくれた可能性もありますが…

でも結果的に営業担当が付いてくれることになりました!

高杉さんとは長い付き合いになり、様々なエピソードが生まれることになります

この件は努力は報われるんだと久々に感じた瞬間でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました