さぁ!地元の証券会社に行ってみよう! その②

証券会社 株の話
スポンサーリンク

前回証券会社に行くお話をしましたが、今回は実際に地元の証券会社に行った時のことを投稿していきます。

目的として
IPO銘柄・PO銘柄の当選確立をアップ
最新の投資情報を貰う
上記2つをクリアするためには営業の担当がつかないといけないので

担当をつけてもらう
目的を達成するには担当をつけるのが必要不可欠!

メインはIPO・PO銘柄なので、投資情報はおまけ程度に考えています。

エリア的にN證券・NK証券があったので、手始めにN証券へ
最初が肝心なので、電話でアポイントもとってから行きました。

アポイントの際に電話に出たのはどちらの証券会社も受付の女性で、時間の指定も僕の都合で問題はないということでした。

担当がつかない可能性もあるという噂があったので、身なりだけでもキッチリしていこうと思いYシャツにジャケットを装備して突撃です。

午前中はN証券へ行きます
気合を入れるためにコーラを飲みながら駐車場に!

約束の時間になり支店に入るとでかいモニターがいくつも壁掛けになり、その前で明らかに常連といった風体の男性が数人談笑しています。
日経平均株価を見ながら何がそんなに面白いのか僕には全く理解不能でした

「口座開設をしにきたフカヒレです」
受付のお姉さんに声をかけると分厚い仕切りで区切られたカウンターに案内されます。
担当をつけてもらえるか若干不安だったので緊張気味のまま椅子へ腰かけ、勧められるがままにコーヒーをお願いしました。

待つこと数分…

なんぞ書類の束を持った受付のお姉さんがやってきました。
「それでは、口座開設に関してご案内しますね!」

いい笑顔だ!

この時点で僕は嫌な予感はしていました!

名前・住所・電話番号を数か所に記入し、印鑑を押しまくります。
その間担当の人がやってくる気配はなく、ずっと笑顔のお姉さんに案内をされていました。

まずい・まずいと思いながらも説明は進み、あっという間に口座開設が完了
あとは書類審査的なことが終わり次第、問題がなければ開通の書類が届くとのこと。

不安と緊張で渋い顔をした僕にお姉さんから1枚のカードが!

[N證券カスタマーセンター]

予感が確信へ変わる!
これは、担当つかないパターンのやつ!
(貴方はカスタマーセンターの皆でサポートするわ)ニッコリ
あんまりネットとかやらないおっちゃんとかが使う電話番号だ!

このまま帰ってしまっては、何の意味もない!
口座など存在しないのと同義!

「あの…担当の方とかは?」

なんとか捻り出した僕の言葉に相変わらず笑顔で答えるお姉さん
「カスタマーセンターのほうでしっかりサポートいたしますよ!」

「あっ…ハイ」

こうして僕のN証券での口座開設は終わった。
惨めである

もはや次のNK証券に行く気力もなく車へと帰還

気持ちを落ち着かせるために飲んだ残ったコーラは、肌寒い季節だったにもかかわらず
日当たりのせいで温かくなり滅茶苦茶にマズかったのを今でも覚えている…

コメント

タイトルとURLをコピーしました